☆ビッグ☆
http://staho2big.blog115.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
伝説の名馬・ラムタラ
2008-09-25 Thu 21:23
今日は早い展開で更新です。笑

本日はスタホっていません…ここ2日間、寝不足でして会社からまっすぐ帰宅しました。まぁ、メダルもほんのちょっとしかないですし、とりあえず今日はスタホ休暇で…。


そんな訳で「伝説の名馬」でも紹介しましょう☆

今回はラムタラです♪

スタホでは「SWBC」と「殿堂馬レース」に登場しますが、実際のラクタラは「殿堂馬レース」の方が近い印象です。ご存じの方も多いでしょうが、現役時代はヨーロッパ競馬界で大偉業を達成しました。彼の闘争本能に脱帽するばかり…その凄まじい気性が産駒に継承される事はありませんでした。

では、彼の活躍をお楽しみください☆


ラムタラ(Lammtarra)
馬名はアラビア語で「見る事ができない(ほど速い)」または「神の見えざる手」という意味である。たった1戦のキャリアでエプソムダービーを制したこと、そして4戦4勝と無敗のまま引退したこともあり、馬名との連想から「奇跡の名馬」または「神の馬」と呼ばれた。父は英三冠馬ニジンスキー、母は1989年のエプソムオークスを繰り上がりで勝利したスノーブライドである。


■競走馬時代
1994年の2歳時に、イギリスで1戦1勝。しかし所属厩舎の調教師であるアレックス・スコットが元従業員の男に射殺され、転厩(てんきゅう)を余儀なくされる。翌1995年、エプソムダービーに向けて調整中の3月に、突然肺の感染症をわずらい、やむなく3歳の初戦としてぶっつけでエプソムダービーに出走することになる。ところがそんな悪条件をはねのけ、マームードの記録を59年ぶりに破る2分32秒31のレコードで優勝。続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスはペンタイアとのマッチレースの末に優勝。さらにぶっつけでフランスの凱旋門賞までも制し、史上初めて無敗でヨーロッパの三大レース(日本のみヨーロッパ三冠と呼ぶ)を全て制した。闘争心が素晴らしく、主戦を務めたランフランコ・デットーリは「彼はライオンだ」と発言した。

なお、これらの大偉業にもかかわらず、ラムタラの勝ったレースのレーティングは、あまり着差がついていないためか、130ポンドとそれほど高い値が与えられなかった。また、着差もあるが、中東勢のオーナーの台頭を嫌う一部の排他的な競馬関係者の意向が反映したのではないかという意見もあった。

実際、これほどの成績を残したにも関わらず、同年のカルティエ賞年度代表馬にはリッジウッドパールが選出されている。

別窓 | 未分類 | コメント:3 | top↑
<<初対面 | ビッグのスタホ日記 | 目が乾く~>>
この記事のコメント
#1382
こんばんは~

この名馬シリーズ、私は大好きですね~♪
なんか、マジマジと読んで、ふーんとはまってしまいます(笑)

途中のラクタラ??・・・狙いました?(爆)
でも、私はツボに入りマシタ(笑)

でわまた~♪
2008-09-25 Thu 23:38 | URL | テッツオー #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
#1386
テッツオーさん、こんにちは

自分も名馬シリーズ好きです(笑)

最近、底上げもままならない状況に…暴走モードに入る確率が増えております。
2008-09-26 Fri 08:23 | URL | ジルス #-[ 内容変更] | top↑
#1390
テッツオーさん>
毎度~っす☆

喜んで頂けると嬉しいですね♪次は誰を紹介しようかな?

ラクタラ…うけました!?

ええ、狙いましたよ~。





ウソウソ、超天然です。爆




ジルスさん>
お久しぶりで~す♪

「伝説の名馬」シリーズを気に入ってくれて、有難うです☆

暴走モードに入る気持ちも分かりますが、気楽に行きましょう!

一つ深呼吸をして…頑張って下さい。
(^o^)丿

2008-09-27 Sat 00:19 | URL | ビッグ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ビッグのスタホ日記 |
copyright © 2006 ビッグのスタホ日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。