☆ビッグ☆
http://staho2big.blog115.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
伝説の名馬・ファルブラヴ
2008-11-19 Wed 22:34
今週は週末にしかスタホれないので、ネタが無くて申し訳ないです。昨日からオルコック祭が始まっていますが、個人的にはあまり興味ないです。

さて、今回はファルブラヴです☆

なんといっても、低評価だったJC勝利が真っ先に思い出されますね。そのレースを実際に馬券を買っていまして…見事に外れました。笑

彼の能力を読み切った陣営のレース選択は素晴らしく、生涯G1勝利8勝も挙げ…そして今現在、日本で第2の人生を歩んでいます。


ファルブラヴ(Falbrav)
イタリアの競走馬。2002年ジャパンカップ、2003年のミラノ大賞典、エクリプスステークス、インターナショナルステークス、クイーンエリザベス2世ステークス、香港カップ等に優勝した。引退後は日本に輸出され、種牡馬となった。


戦績

2歳・3歳時代
2000年9月3日にサンシーロ競馬場にてミルコ・デムーロを背にデビューし、デビュー戦を白星で飾る。しかし、その後は2歳G2のグイード・ベラルデッリ賞まで3戦連続2着という成績で2歳を終える。年が明けて2001年、ダリオ・バルジュー騎手を背に3歳初戦で勝利するも準重賞ではまたしても2着。続く目標のデルビーイタリアーノ(伊ダービー)でもモルシュディの2着に敗れ、なかなかいいところで勝利することができなかった。だが、その後の一般レースで勝利すると、準重賞こそ3着と敗れるがその後の一般レースを3と1/2馬身差で勝利し3歳を終える。


4歳時代
2002年になると初戦の一般レースを6馬身と圧勝。続いて臨んだ共和国大統領賞ではレコードで初めてG1を勝利すると、返す刀でミラノ大賞典も3馬身差で制した。こうしてイタリア上半期の中長距離G1レースをすべて制したファルヴラヴは、次の目標を凱旋門賞と定め、プレップレースにフォワ賞を選んだ。しかし、フォア賞では牝馬のアクアレリストの3着と敗れ、オリビエ・ペリエを新たに鞍上に臨んだ凱旋門賞では、直線で全く伸びずにマリエンバードの9着と大敗してしまう。これはロンシャン競馬場の深い芝が共和国大統領賞をレコードで制したファルブラヴには向かなかったためとされている。そこで陣営は、速いタイムの出やすい「軽い馬場」と言われる日本のジャパンカップに矛先を向けた。

この年のジャパンカップは、東京競馬場が改修工事で使用できないため、代わりに中山競馬場の2200mで開催された。このレースの外国馬はファルブラヴ以外にも、フランスの牝馬限定G1オペラ賞勝ち馬のブライトスカイや、キングジョージの勝ち馬ゴーランも出走していたとあって、見劣りしたのか9番人気の低評価ではあった。しかし初めて同馬に騎乗したイタリア出身のランフランコ・デットーリの好騎乗もあり、サラファンとの激しい叩き合いを制し、シンボリクリスエスの猛追をも凌ぎ切って勝利する。このレースは、サラファンの陣営からファルブラヴに対しての抗議が出たため、改めて審議となった。なお、この勝利で社台グループはファルブラヴの約半分の権利を購入した。


5歳時代
年が明けて2003年、ファルブラヴはイギリス・ニューマーケットのルカ・クマーニ厩舎へ移籍する。新たに鞍上にキーレン・ファロンを迎え、年明け初戦に選んだのは、フランスのGIレース、ガネー賞であったが、3着と敗れてしまう。しかし続くイスパーン賞では勝利し、フランスで初めてG1を勝利する。

続いて陣営が選んだのはプリンスオブウェールズステークスで、イギリス移籍後初めて地元でのレースとなる。鞍上に再びデムーロ騎手を迎えレースに挑むもネイエフの5着と惨敗。しかし次走のエクリプスステークスでは新たにホランド騎手を背にそのネイエフを抑え、イギリスで初G1制覇となった。G1連勝を狙って、次走をキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスと定めてレースに臨むが、アラムシャーの5着と惨敗。移籍後はなかなかG1連勝はならないが、次走のインターナショナルステークスを勝利する。

続いてアイリッシュチャンピオンステークスに出走するためアイルランドに遠征。ここでは前年に英愛ダービーを制したハイシャパラル、キングジョージで苦杯をなめたアラムシャー、ドバイワールドカップの勝ち馬ムーンバラッド、ヨークシャーオークスを連覇した名牝イズリントン、この年の愛オークス馬のヴィンテージティプルが名を連ねた。レースではハイシャパラルが抜けだし、それをファルブラヴが猛追するが、アタマ差とらえ切ることが出来ずに2着と惜敗。

再びイギリスに戻って、次に陣営が選んだレースはマイル戦のクイーンエリザベス2世ステークスであった。デビュー戦以来のマイル戦となったが、それを感じさせず2馬身差の勝利。続いてアメリカに遠征しBCターフへ出走するも、ゴール前でハイシャパラルとジョハーに交わされ、またしてもハイシャパラルに敗れた。

次走は香港カップで、このレースを持って引退し、日本で種牡馬入りすることが決まっていた。そのため、このレースでは吉田照哉の勝負服を使用した。再び鞍上にデットーリを迎え、レースではラクティ等を抑え、2馬身差の勝利。見事引退レースを飾った。この年G1を5勝したことが評価され、カルティエ賞最優秀古馬に選ばれた。

社台グループはジャパンカップ優勝後に約半分の権利を購入していたが、引退時に残りの権利も購入し日本で種牡馬入りした。



※フリー百科辞典参照

別窓 | 未分類 | コメント:3 | top↑
<<個人的な見解 | ビッグのスタホ日記 | 伝説の名馬・シャーガー>>
この記事のコメント
#1946
こんばんわ!

いよいよカタール戦が始まりますね♪

今日の収穫はプライド株ゲット。
スターロッチ株はメジロドーベルに邪魔されゲットならず(哀)
明日もスターロッチ株を狙います。
2008-11-20 Thu 01:26 | URL | ジルス #-[ 内容変更] | top↑
#1956
いろんな馬人生がありますね~。
競馬は奥が深い(>_<)
私のブログにも書きましたが、な~んにも進展なしでサード終了でした(;_;)
まっフォースはスタートダッシュ予定ですけどね♪
2008-11-20 Thu 15:29 | URL | @すもも #-[ 内容変更] | top↑
#1958
ジルスさん>

カタール戦は朝のニュースで知りました。笑

とにかく日本完勝で良かったですね♪フォーメーションも今の日本代表に合っている印象を受けました。

あと…ゴールド会員の特権をおもいっきり楽しんでいるようですね、自分はフォースで…。涙


@すももさん>

ブログ、観てますよ~☆

自分よりは良いのでは?!自分は預けメダル0枚ですよ。笑

ファースでの活躍、期待しています!

2008-11-20 Thu 21:52 | URL | ビッグ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ビッグのスタホ日記 |
copyright © 2006 ビッグのスタホ日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。