☆ビッグ☆
http://staho2big.blog115.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
伝説の名馬・ドバイミレニアム
2008-11-26 Wed 22:11
シェイク・モハメド殿下が率いる「ゴドルフィン」の中でも、最高傑作のサラブレッド…ドバイミレニアム。

生まれながらにして運命づけられた「彼」の人生…その大成を果たす。しかし、神は皮肉にも、その大成と引き換えにあまりにも早すぎる「死」を与えてしまう…もし、今もなお生きていたら新たな系統が確立していた事でしょう。


ドバイミレニアム(Dubai Millennium)
イギリス産のアラブ首長国連邦の競走馬である。
「ドバイミレニアム」という名前は、ゴドルフィンを率いるシェイク・モハメドが、2歳の時の動きに感動し、ミレニアム、2000年のドバイワールドカップを夢見て名づけた。この逸話から分かるように、デビュー前から非常に大きな期待を背負っていた。そして、この夢は見事現実のものとなるのである。

なお、ドバイミレニアムと言う名前が決められる前は「Yazaar(ヤゼール)」と言う名前が名付けられていた。


戦績
2歳シーズンを1戦1勝で終えたドバイミレニアムは春の目標をエプソムダービーに絞る。ただ、血統などからエプソム競馬場の12ハロンへの距離不安がついて回った。3連勝して迎えたエプソムダービーは混戦の様相。ドバイミレニアムは1番人気に推されるも、やはり距離が持たなかったのか、オースの9着と大敗を喫する。

この敗戦を機に、中長距離路線から短距離路線へと変更。ユジェーヌアダム賞を快勝すると、古馬との対戦となったジャック・ル・マロワ賞、さらに秋ヨーロッパ最大のマイルG1クイーンエリザベス2世ステークスと連勝し、力の違いを見せ付ける。

春になり、最大の目標ドバイワールドカップの開催が近づく。前哨戦のマクトゥームチャレンジラウンド3をコースレコードで制し、意気揚々とドバイワールドカップへと向かう。この年のドバイワールドカップはドバイミレニアムが圧倒的人気で、他にもアメリカのベーレンズ、香港のインディジェナスなどが出走していたものの、もはや一頭のスターホースのためにあるようなものだった。なお、日本からはワールドクリークが出走していた。

スタートが切られ、ドバイミレニアムは先頭へ躍り出る。そのまま気持ちよく馬なりで逃げ続け、直線では後続との差を広げる一方で一度も影を踏ませる事無くコースレコードの1分59秒5で圧勝した。鞍上のランフランコ・デットーリがゴール前からガッツポーズをする余裕の勝利で2着との着差は6馬身。レース後、シェイク・モハメド、鞍上のランフランコ・デットーリはドバイミレニアムを「これまでで最高の馬だ」と褒め称える。

その後イギリスでプリンスオブウェールズステークスを圧勝、このままアメリカのブリーダーズクラシックに出走する予定だったものの、8月に故障、引退した。通算10戦9勝。


種牡馬実績
約53億円の保険金が掛けられ、競馬界の期待を背負ってダルハムホールスタッドで種牡馬となったドバイミレニアムだったが、急性グラスシックネス(馬自律神経症)という奇病を発症、産駒は1世代を残したのみで2001年4月29日に急逝してしまう。その1世代の中から、アイリッシュ2000ギニー、ジャック・ル・マロワ賞を制したドバウィが出て、その血脈を残す事に成功した。



※フリー百科辞典参照

別窓 | 未分類 | コメント:2 | top↑
<<稼働! | ビッグのスタホ日記 | 良い子は寝る時間>>
この記事のコメント
#1984
新ミレニアム元年にドバイの最高峰を勝つのは出来過ぎだ、と当時は笑ってましたが、それだけの逸材だったのですね。

そんなに早く逝ったとは知らなかったです。
2008-11-26 Wed 23:51 | URL | TOFU #Zk/lHUeI[ 内容変更] | top↑
#1992
TOFUさん>

自分も当時は、そう思っていましたよ。笑

でも、改めてあのレースを見直すと…勝ちタイムが驚異的なレコードでしたからね。

やはり凄い名馬でしたよ☆

2008-11-27 Thu 22:57 | URL | ビッグ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ビッグのスタホ日記 |
copyright © 2006 ビッグのスタホ日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。